妊娠後期の後半、臨月になるともういつ生まれてもおかしくない時期ですね。そのタイミングに吐き気を感じる人も。この吐き気はつわり?それとも赤ちゃんに何かが起こっているのかも?と不安になる人もいらっしゃるかもしれません。今回は臨月ごろの吐き気についてみていきたいと思います。


この記事の目次

 

妊娠後期の吐き気「後期つわり」の原因


妊娠後期、臨月の吐き気は「後期つわり」といわれるくらい、人によっては非常にしんどいもの。なぜこの時期に吐き気が起こるのか、その原因をまとめてみました。


ホルモンバランスの変化

妊娠すると妊娠を維持するホルモンが分泌され続けるようになります。そして出産が近づくにつれ、妊娠を維持する必要がなくなるため、出産や産後、授乳などのホルモン分泌へと変化します。


そのホルモンバランスの変化によって、吐き気を感じることもあるようです。

胎動

妊娠後期になると子宮内で自由に動き回るスペースが減り、胎児は自然と頭を下にした状態でおさまるようになってきます。


成長とともに筋力もついてきますので、胎児のキック(胎動)も強く感じるはず。子宮の上には胃があり、なかから胃をキックされるのですから、吐き気を感じてもおかしくありません。


一方、逆子の場合は膀胱が蹴られるようで、尿漏れなどが起こることもあるそうです。

 

胃が圧迫されている

大きくなった胎児に胃が圧迫されて、吐き気が起こりやすくなります。


小柄な女性の場合、その傾向が強くなりやすいでしょう。


胎児が産まれてくる準備をしだすと子宮の下の方に降りてきます。

そうすると今まで圧迫されていた胃がラクになり、吐き気がおさまるでしょう。


前駆陣痛・陣痛

前駆陣痛や陣痛時にも吐き気を感じることがあります。


これらも妊娠出産によるホルモンバランスの変化によるものです。吐き気と合わせてお腹の張りや痛みを感じる時は陣痛かもしれません。

 

ストレス

ストレスを感じていると、自律神経が乱れて交感神経が優位になります。

そうなると吐き気が起こることも。


妊娠中はいつもよりストレスがかかりやすい状態です。


妊娠後期は胎動や大きなおなかで、夜しっかり寝れないことで寝不足になり疲れやイライラもたまりがちになりますので、睡眠不足というストレスもでてくるでしょう。


食べ過ぎ

妊娠中云々にかかわらず、食べ過ぎると吐き気を感じることがあります。


特に赤ちゃんが降りてくると、胃がラクになるので、食が進むでしょう。また出産前にたくさん食べておこう、という気持ちもあるかもしれません。


妊娠中でなくとも食べ過ぎはほどほどに。


感染症や食中毒

こちらも妊娠中にかかわらずですが、吐き気がある場合は感染性胃腸炎や食中毒なども考えられます。


吐き気以外に発熱や腹痛、寒気、下痢嘔吐といった症状がある場合は速やかに受診してください。

 

吐き気を緩和する方法3つ


吐き気を感じるのはつらいですよね。出産も間近ですと、不安な気持ちも大きくなるかもしれません。吐き気ケアはどのようにすればいいでしょうか。


食べ過ぎない

過食は吐き気のもとです。胎児に胃を圧迫されている状態ですから、普段より吐き気を感じやすい時期だということを認識し、腹八分目を心がけましょう。


腹八分目でも吐き気が起こる場合は、腹六分目ぐらいに減らし、その分、1日3食を1日5食に増やすなどして栄養を摂るようにしてください。


水分をとる

妊娠中は赤ちゃんへ血液を通じて栄養をおくるため、いつも以上に水分をとる必要があります。さらにストレスで胃酸過多になっている場合も水分補給が重要です。


吐き気を感じている時は水分をとることでおさまるかもしれません。


ジュースなどですとより胃に負担がかかりますので、水やお茶などで水分補給をするようにしましょう。


ストレスケア

ストレスをケアすることで、自律神経の調子が整ってくると吐き気がおさまるかもしれません。


妊娠中はストレスが普段より感じやすい、ということを心得て「無理をしない」「こまめな休憩をする」ことが大切です。


体調や妊娠の経過に問題がなければ、気分転換にお散歩もいいでしょう。

お散歩の際は母子手帳やスマホは携帯するようにしてください。


また、出産に対する不安でストレスを感じている方は、バースプランに書き出してみるなどし、不安解消に努めてみてください。



深呼吸

 陣痛や前駆陣痛の際の吐き気は、呼吸を整えることを意識してみてください。


呼吸が乱れると必要以上に焦ってしまい、その分痛みを感じたり吐き気が強くなったりするかもしれません。


出産のときも呼吸法が大事になってきますので、まずは深呼吸をして気持ちを落ち着かせましょう。


深呼吸をすることでしっかりと酸素を肺に取り込むことができますので、赤ちゃんにとってもプラスですよ。


また、陣痛で焦らないようにするためにも事前に陣痛アプリを入れておくことをおすすめします。

 

妊娠後期の吐き気は出産が近づいている証拠


感染症などの病気が原因の場合を除き、妊娠後期の吐き気の多くは妊娠によるホルモンバランスの変化によるもの。


こんな時期にも吐き気か…とげんなりする方もいらっしゃるかもしれませんが、お産が近づいている証拠でもあります。体調のいい日に出産の準備や、必要なものの確認をしつつ、残り僅かのマタニティ生活を乗り切ってくださいね。


photo by photoAC