出産すれば体重が減ると思っていたのに、気づいたら増えている体重…。


産後体重に悩む女性は非常に多いのではないでしょうか?特に産後ダイエットは、育児に追われ、なかなか集中して行える時間がありません。


今回は、そんな中でも産後ダイエットに成功したママたちのダイエット方法をご紹介します。


この記事の目次

産後体重が戻らないママは約3割!


アンケートの結果、3割に近いママが産後体型が戻らないという回答になりました。


「3割は戻らない。」と聞くと、焦る気持ちも出てきます。


しかし、よくよく結果を見ると、産後1年以内には6割以上の人が妊娠前の体重に戻っていることがわかりました。


育児をしていると自然に体重が減少


生後半年くらいは、慣れない育児に四苦八苦。そんな忙しさもあって、食事の時間が短くなったり、一回の食事が少なめになったり。実は、そんなママも多いのでは?


私も、赤ちゃんのミルクやお世話など、目の前のやらなくてはいけないことに追われて、日々、自分の食事は後回し。その結果、気づけば妊娠前の体重に戻っていました。


産後は家事に加え育児をしていると、毎日しっかり体を動かしていることになるので、自然とダイエットになることも。


産後すぐは体重が戻らなくても、長い目でみれば元に戻る可能性はありますよ。


母乳育児で体重は戻る?


また、母乳を続ければ体重は戻るという説もありますが、母乳育児でも妊娠前の体重までは戻らなかったという声もよく耳にします。


そのため母乳育児がダイエットになる、という意識でいるのは体重が戻らない原因のなるかもしれません。


ママが成功したダイエット方法 4選

それでは早速、産後ダイエットに成功したママ達が、どんなダイエットをしていたのかをみていきたいと思います。


成功した産後ダイエット1.食事ダイエット


産後、育児が忙しくても、一番取り組みやすいダイエットと言えば「食事ダイエット」です!


【ママの産後ダイエット成功談】

・子どもと同じ食事時間(夕方6時)、就寝起床時間にしたら、余計なカロリー摂取が減る、美容のゴールデンタイムは就寝できてるなど、良いことづくめだった。


(20代後半のママ/お子様の年齢 1歳7ヶ月〜2歳、妊娠中)

・無理なダイエットは母乳に影響が出るので無理は禁物!好きな物は食べるけど、夜、白いごはんは絶対に食べない~で成功しました。


(30代前半のママ/お子様の年齢 1歳7ヶ月〜2歳、生後10~12ヶ月)

子供と一緒に規則正しい生活を送り、夜ご飯を18時までに食べることで痩せました。


(20代前半のママ/お子様の年齢 生後4~6ヶ月)

・夜8時以降食べなかったら、ちょっと減った!


(20代後半のママ/お子様の年齢 生後10~12ヶ月)


夕食を早めに終わらせる食事ダイエットや、白飯抜きダイエットで、産後のダイエットに成功しているママが多くいらっしゃいました。


個人的には早い時間から夕飯を食べてしまって、夜にお腹がすかないのかな?と心配してしまいます。


しかし、実際に産後に食事ダイエットで成功しているママたちは、産後から赤ちゃんのサイクルに合わせて早めの夕食と早めの就寝で乗り切っているようです。


ただし無理は禁物。


産後はまだママの身体も不安定な時。体調と相談しながらその日にあった食生活を送りましょう。


成功した産後ダイエット2.運動ダイエット


食事に続いて、人気なのは運動ダイエット。


育児が忙しいと運動をする時間なんてない!と感じるママも多いと思いますが、意外にちょっとした運動で体の変化を感じるようです。


【ママの産後ダイエット成功談】

毎日のストレッチ、軽い筋トレ。


(30代前半のママ/お子様の年齢4歳以上、3歳〜4歳、1歳7ヶ月〜2歳、妊娠中)

スクワットをやったらお尻が小さくなって上がった!


(20代後半のママ/お子様の年齢3歳〜4歳、1歳〜1歳6ヶ月、妊娠中)

・大股で歩く。


(20代後半のママ/お子様の年齢 生後4~6ヶ月)

・赤ちゃんを抱っこして散歩。


(30代前半のママ/お子様の年齢 1歳7ヶ月〜2歳、新生児(生後1ヶ月未満))


スキマ時間を使って効率的にダイエットをすることで、体重を戻すことに成功しているママも多数!


ストレッチ、スクワットなど、家の中でもできる運動をコツコツと続けることが成功の秘訣のようです。


また、子供を外に連れ出せるようになってから、散歩やウォーキングでダイエットに成功した人も。


運動することで気分転換にもなりますので、ママの体調がよければどんどん取り入れていきたいですね。


成功した産後ダイエット3.骨盤ダイエット


出産で開いてしまった骨盤をケアすることでダイエットに成功した、という声も多くみられました。


【ママの産後ダイエット成功談】

産後の骨盤矯正で整骨院に通っている


(30代後半のママ/お子様の年齢 生後2~3ヶ月)

・産院でトコちゃんベルトを勧められて、着用していました。


(20代後半のママ/お子様の年齢 1歳〜1歳6ヶ月)

・第一に骨盤を戻すことを考え、骨盤体操を思いついたときに実施。2日に1回程度。


(30代前半のママ/お子様の年齢 生後4~6ヶ月)


産後は骨盤がゆがんだままだと痩せにくい、という話を聞いたことがあります。


そのため、私は産後から骨盤矯正ベルトをできるかぎり装着していました。


結果、体重が元に戻ったので、骨盤ケアがダイエットに成功した理由のひとつなのかも、と思っています。


骨盤矯正は保険適用外ですし、近くに通える整体院がない場合もあります。そういう方は、私のように骨盤矯正ベルトを試してみてください。


また、産後の骨盤体操もダイエットの成功が期待できそうですよ!


【関連記事】
ママ整体師監修!骨盤矯正が産後ダイエット成功のカギ<骨盤体操の動画つき>


成功した産後ダイエット4.生活改善ダイエット


食事や運動だけではなく、規則正しい生活を送ることもダイエットの成功に繋がるようです。


【ママの産後ダイエット成功談】

・体重計に乗る。

(20代後半のママ/お子様の年齢 生後7~9ヶ月)

・朝起きたら白湯を飲む!

(20代前半のママ/お子様の年齢 生後10~12ヶ月)


出産前の生活習慣を変えたら、産後ダイエットに成功したというママもいました。


体重計に乗って毎日自分の体の状態を確認したり、白湯を飲んで体を温めるなど、ちょっとした取り組みでも継続すれば、体重が減るなどの効果があるようです。

また、どんなに食事を意識し、運動をしっかりしても寝不足の日が続くと太る原因になってしまうそうです。


ぜひ毎日規則正しい生活を意識してみて下さいね。


他にもこんなダイエット方法が!産後半年以内で成功したママの声


他にもオリジナルの方法で産後半年の間で体重が戻った、ダイエットに成功したママたちの声をピックアップしてみました。


【ママの産後ダイエット成功談】

半身浴を1日30分やった。


(20代後半のママ/お子様の年齢 生後10~12ヶ月、妊娠中)

・浮腫みが酷かったので、お風呂上がりにマッサージを毎日しています。


(20代後半のママ/お子様の年齢 新生児(生後1ヶ月未満))

・食事する数分前に炭酸水を飲んで胃に満腹感を与えてから、食事をすると食べる量も減る。


(20代後半のママ/お子様の年齢 4歳以上、生後4~6ヶ月)


個人的には、炭酸水を飲んでから食事をする食事方法が気になります…!


確かに満腹感が得られそうですし、この方法で“腹八分目”を調整できたら、食べすぎなくてよさそうだなと思いました。


また、産後にむくみが残る人は意外と多いようです。


産後むくみが残るママはマッサージで体のメンテナンスをすることで、ダイエットに成功するケースもあるようですので、ぜひ試してみてくださいね♪


ダイエットのやりすぎはNG!産後のダイエット失敗談

 

「少しでも早く妊娠前の体に戻りたい!」


焦る気持ちはどんなママでも感じるもの。しかし、ちょっと待ってください!


ダイエットを意識しすぎて失敗してしまったママたちもいます。ここでは、そんな産後のダイエットに失敗してしまったママ達の体験談をご紹介します。


【トホホ…ママの産後ダイエット失敗談】

・食事抜きダイエット。


(20代後半のママ/お子様の年齢 生後4~6ヶ月)

・せっかく痩せても、たまに実家に帰ると甘えてしまい、たくさん食べて太ってしまう。


(20代後半のママ/お子様の年齢 3歳〜4歳、生後2~3ヶ月)

・食事制限、ストレスで暴飲暴食。


(30代前半のママ/お子様の年齢 4歳以上、 1歳7ヶ月〜2歳、妊娠中)


産後ダイエットに失敗した、といママの多くが食事制限ダイエットを取り入れていました。


極端な食事制限ダイエットは健康を害する

食事制限のダイエットで成功した人がいる一方で、産後に極端な食事制限ダイエットをした結果、我慢によるストレスなどで暴飲暴食してしまい、産後かえって太ってしまったという人も少なくありません。


産後にかかわらず、極端な食事制限はリバウンドのもと。またそれだけでなく、健康を害する危険性もあります。


特に産後母乳育児をしている人は、きちんと食事を摂らないと母乳が出なくなってしまうことも考えられますので、極端な食事制限はくれぐれもしないようにしてください。


産後ダイエットについてママ達の心の声


最後に、ママ達に産後のダイエットについて思うことを聞いてみました。


母乳をあげれば体重が減るは本当だった。


(30代前半のママ/お子様の年齢 生後10~12ヶ月)

産後痩せすぎて心配されている


(20代後半のママ/お子様の年齢 生後7~9ヶ月)

・子ども(赤ちゃん)と一緒に行ける整体やフィットネスがあれば行きたい。


(30代後半のママ/お子様の年齢 3歳〜4歳、生後2~3ヶ月)


ダイエットを意識して成功している人、失敗している人がいる中で、産後ダイエットをしていなくても痩せてしまい、痩せすぎを心配されるケースもありました。


ダイエットは決して痩せることだけではないので、産後は健康的にダイエットがしたい、というのがママ達の本音かもしれません。


健康的という側面からか、赤ちゃんと一緒に通える整体やフィットネスなどが欲しいという意見もママの中では多くみられました。


筆者も産後、家にこもるのはストレスだった

出産前まで働いていた私は、産休や育休で家にいる時間が増え、ずっと家にいるストレスがありました。


こういった“家にいるストレス”も人によっては暴飲暴食に繋がり、産後の体重が戻らない原因のひとつになるのかもしれません。

そのため、赤ちゃん連れで自分の体をメンテナンスする場所があると、心身ともにリフレッシュでき、ひいては産後のダイエットにも。


子連れOKの整体やサロンも増えてきていますし、地方自治体が開催する教室などもあるようです。ぜひお近くの地域にあるか調べてみて下さいね。


産後の体重は気に病みすぎないことがダイエット成功の秘訣


産後すぐに自分の体を見ると、どうしても「早くダイエットしなきゃ!」と焦ってしまいますよね。


しかし、短期的にダイエットが成功しなくても、徐々に体重や体型が元に戻ったというママも多いもの。

食事のバランスや適度な運動は大切ですが、ダイエットに集中しすぎるとそれが逆にストレスになってしまうことも。


産後は慣れない育児でストレスも多い環境です。体調が戻るのに1年かかる場合もあります。


産後のダイエットは、ほどほどを意識して焦らずにママのペースですすめていくことが大切ですよ。

【調査概要】
期間: 2017年8月18日~8月22日
方法: カラダノ―トママ部調査
対象: 妊娠中・育児中のママ部ユーザー(N=156)

(Photo by:写真AC