生後5か月から半年になる赤ちゃんをお持ちのママは、そろそろ離乳食を考える時期ですね。


母乳やミルク中心の食事から、赤ちゃんの成長に合わせて少しづつ固形物を与えていくのが離乳食ですが、具体的にはどんな風に進めていったらよいのでしょうか?


特に最初の数か月は迷うこともいっぱい。ここでは、離乳食初期に覚えておきたいポイントと、より美味しく食べてもらえるための離乳食レシピを紹介します。


この記事の目次

なぜ離乳食が必要なの?


生まれたばかりの赤ちゃんは母乳やミルクからの栄養で十分ですが、半年を過ぎたころから、鉄分をはじめ、たんぱく質、亜鉛、カルシウムなどが不足してきてしまいます。


そのために、離乳食として食べ物を口に運ぶことを教え、食物から栄養を摂る必要が出てくるのです。


WHO(世界保健機関)では、離乳食のことを補完食と呼んでいて、5~6か月あたりから母乳では足りない栄養素を補う食事と定義しています。


5~6か月から離乳食をはじめるのが一般的ですが、赤ちゃんが健康ですくすくと育っているのならば、数か月遅くはじめても問題はありません


離乳食初期の基本


離乳食を始めたばかりの5~6か月は初期、もしくはゴックン期と呼ばれます。文字通り、歯がきちんと生えてないので口にしたものを自分ですり潰すことなく『ゴックン』と飲み込む時期です。


ゴックン期には、以下の5つのポイントに気を付けて離乳食をあげましょう。


基本1.離乳食初期の基本はトロトロ

お粥を最初にあげる場合は、10倍粥というお粥にします。お米の形はほぼ残っていなく、ヨーグルトのようにドロドロのお粥です。


基本2.離乳食をあげるのは平日の午前中に

卵など、アレルギー体質の人が多いものは初期にはあげませんが、お米アレルギーの子もいます。万が一の時も考えて、病院が開いている時間帯に離乳食を始めましょう。


基本3.新しい食材はひと匙づつ加えよう

離乳食初期は、1日1食より始めます


新たな食材を加えるのは、数日から1週間たっても皮膚やうんち、体調に変化がないことを確認してから、ひと匙づつ加えていきます。


離乳食をよく食べるようになってきたら1日2食にします。


基本4.食べない時も焦らない

初めて母乳やミルクの乳汁以外を口にするため、嫌がって食べない子もいますが焦らずに


実際、私の子供も、初期には気分によって離乳食を受け付けない日もありました。


せっかく作ったのにもったいない…と思う日々でしたが、ママ友に「お供えだと思えばいいよ♪」と言われ、笑ってしまいました。そのくらいの楽な気持ちでいましょう。


初期は離乳食がメインでなく、母乳やミルクから栄養を取っている時期なので、離乳食を進んで食べなくても体に影響はありません


基本5.それでも気になる場合はいろいろ試してみよう

離乳食を進んで食べない子には、幾つか試してみたい方法があります。


例えば、初めてのスプーンが嫌いという場合もあるので違うスプーンで試してみましょう。ママが指にとって舐めさせてあげてもOKです。


また、だし汁やかぼちゃ、バナナなど優しい甘さがあるもので味をつけてみると食べる場合もあります。母乳は甘いので、何か味が欲しいと思っている可能性もありますよ。


離乳食初期は何から始める?


日本では離乳食はお粥(10倍粥)から始めることが多いです。これは、厚労省の離乳食ガイドにはおかゆ(米)から始めると書いてあるからだと思われます。


一般的な離乳食初期は以下のような順番で食材をあげていくことが多いようです。


① 10倍粥
② 粥に野菜ペーストを足す
③ タンパク質源を足す(とうふ、トマト、シラスなど)
④ 白身魚
⑤ 鶏のささみ肉


炭水化物は消化が良いので離乳食初期はお粥からというのは理にかなっていますが、世界の他の国では、肉から始めることも多いんです。


その理由は、5~6か月たつと母乳では赤ちゃんに必要な栄養素が不足してくるから。


特に不足してくる栄養素は鉄分です。


そのため、鉄分が多くて脂身の少ない赤みのひき肉から離乳食を始めることを小児科医から勧められます。


肉類から離乳食を始めてみようと思う場合は、ブレンダーやミキサーなどにかけ、必要あれば片栗粉を入れてドロドロの状態にしてからあげてください。

 

初めての離乳食を応援する、初期にぴったりの美味しいレシピ


ここからは初期にぴったりの離乳食レシピをいくつか紹介します。赤ちゃんの好みを探りながら、焦らずゆっくりと進めましょう。


離乳食初期の基本、10倍粥


離乳食初期の10倍粥は、米1:水10の割合のお粥です。


お粥にはお米から作る方法とご飯から作る方法があり、お米から作った方が美味しく仕上がりますが、時間がかかるのが難点です。


忙しい時はご飯から、時間があるときにはお米から作り、小分けにして冷凍保存するなどで離乳食の時短家事を目指しましょう。


【材料】*大さじ2×16回分

米 4分の1カップ(40g) 

水 2カップ半(500ml)


【作り方】*お米から作る場合


1.米は普通に洗い、時間があれば30分水につけておく。

2.米の10倍の水の量を鍋、もしくは炊飯器に入れて炊く。

3.米が炊けたらミキサー、または裏ごししてペースト状にする。ドロドロにならない場合は重湯を加え、のばしながらつぶす。

4.冷凍する分は製氷機に入れて凍らせたあと、シッパー付ビニール袋などの保存用容器に移す。

参照レシピ:◆離乳食初期 10倍がゆ 冷凍・保存法


人参ペースト


お粥だけの離乳食に慣れてきたら、少しずつ野菜のペーストなども加えていきましょう。


お湯でゆでる方法が一般的ですが、ここでは電子レンジをつかった洗い物無しの方法をご紹介。人参の他、ほうれん草、かぼちゃなどでもペーストを作ってみて下さい!


【材料】
人参 1本


【作り方】

1.人参の皮をむき、さっと水で洗った後にクルクルとラップで包む。

2.2600Wのレンジで4分間加熱する。竹串を刺してみて、まだ硬いようなら30秒ずつ加熱して柔らかくする。

3.人参を冷凍保存できる袋に入れて、コップの裏や麺棒などで、好みの硬さになるまで潰す。

4.保存袋の端を切って、製氷皿に絞り出す。粗熱が取れたら冷凍庫へ。
5.食べる量が増えてきたら、製氷皿は使わず袋のまま冷凍。

参照レシピ:洗い物無し!離乳食初期〜人参ペースト


離乳食が進まない時はバナナ


離乳食初期では、食があまり進まないことがあります。


そんな時はバナナをあげてみましょう。バナナはほんのりと甘いので子供はよく食べます。作る時はよく熟れたバナナを使いましょう!


また、同じ要領でリンゴのペーストもできますよ。

【材料】

バナナ 1本
水 50ml


【作り方】

1.バナナの皮を剥き、筋もきれいに取り除く。

2.適当な大きさに切って、水50mlと一緒に耐熱皿に入れる。

3.500Wの電子レンジで約2分半加熱。

4.柔らかくなったバナナをブレンダーなどでドロドロに。

5.粗熱を取ったら、保存容器に入れて冷凍庫へ。

参照レシピ:進まない離乳食…初期*バナナ*


離乳食初期のトマトソース


お粥と野菜ペーストに慣れてきたら、離乳食初期でも食べられる食材でトマトソースを作ってみましょう。


トマトは身体を健康に保つための栄養がたくさん入っているので、初期から積極的に食べさせてあげてください。


【材料】
トマト 1~2個
たまねぎ 1/2〜1個
りんご 1/4〜1/2個


【作り方】

1.トマトは皮を剥いて種を取り、適当な大きさにカットする。

2.玉ねぎも適当な大きさにカット。

3.りんごは皮を剥き、やはり適当な大きさにカット。

4.全ての材料を鍋に入れ、蓋をして中火にかける。

5.沸騰したら蓋をしたまま、弱火で煮込む。
6.焦げ付かないように時々かき混ぜる。

7.火が通ったら、滑らかになるまでブレンダーにかける。

8.出来たソースは小分けにして冷凍する。

参照レシピ:離乳食初期のトマトソース

 

豆腐のだしあんかけ


離乳食初期でも食べられる豆腐を使って、日本食らしい優しい味付けの離乳食を作ってみましょう。だし汁は昆布や鰹節でとったものを使います。


【材料】
絹ごし豆腐 15g
だし汁 大さじ2
片栗粉 少々


【作り方】

1.豆腐を湯通しし、裏ごして滑らかにする。
2.温めただし汁に水溶き片栗粉を溶かし、とろみがつく程度に加熱。
3.すりつぶした豆腐に、とろみをつけたあんをかける。

参照レシピ:【離乳食初期】豆腐のだしあんかけ


離乳食は赤ちゃんの発達や様子を見て、ママのペースで


美味しく離乳食を作ってあげることは、赤ちゃんの味覚を育ててあげることに繋がります。


でも、母乳やミルクからの移行がすんなりいく赤ちゃんばかりではありません。


離乳食初期は栄養を考えなくても大丈夫です。特に初期は、嫌がっている赤ちゃんに無理やり離乳食をあげるのはかえってマイナス。なかなか進まないようなら、数日休憩するなど、気持ちを大きく持って。


赤ちゃんの様子や個性を見ながら、自分のペースでゆっくり進めていきましょう。


Photo by Photo AC